気が向いたら書きショット

ポケモンのこと書きます

ポケモンしりとり必勝法

f:id:kabanekabane:20180321212346p:image

 

 

 

アローラ!

 

今回はポケ勢なら一度はやったことがある「ポケモンしりとり」について考察していこうと思う。

 

この競技ではその名の通りポケモンの名前でしりとりをしていく訳だが、通常のしりとりとの1番の大きな違いは「ワードプールが超限定的であること」だ。

 

例えば第4世代までのポケモンしりとりでは「ツ」で終わるポケモンが「ミュウツー」だけで、「ツ」で始まるポケモンは「ツボツボ」しかいなかったため、「ミュウツー」と言われたプレイヤーは「ツボツボ」を思い出せない限り負けてしまうような状況だった。

 

このように、無限大に存在するワードプールからいかに「思い付く」ことができるかを競う通常のしりとりと違い、ポケモンしりとりには明確な「作戦」があり、それすなわち「必勝法」があるということである!

 

そして研究の末に現環境最強と思われる戦術を発見したのでここに記したいと思う。

 

 

その名も…………!

 

 

 

 

 

 

f:id:kabanekabane:20180321205015j:image

ルチャブルコントロール

 (だっさ…)

 

 

 

 

 

 

 

説明しよう!ルチャブルコントロールとは!

「ル」で終わるポケモンがたくさんいるのに対して「ル」で始まるポケモン8匹しかいないことを利用して、「ル」で始まるポケモンをすべて暗記しつつ相手にル攻めをおこない、脳内でルを管理しながら相手のルのリソースを枯らす作戦である!

 

「ルのリソースが減るのは自分も同じじゃないの?自分が詰んじゃう可能性もあるんじゃない?」という意見が聞こえてくるが是非安心してほしい。そこで鍵になるのがそう!ルチャブルなのだ!

 

ルチャブルというポケモンの名前に注目してほしい。お分かりいただけただろうか?

そう、このポケモンの名前、「ル」で始まり「ル」で終わっているのである!

これが何を意味するかは賢明なポケモンしりとりプレイヤー諸君はもうお気づきであろう。そう!自分が不意にル攻め返しされてしまった時に一度だけ切り返すことができるということ!この「ルチャブル」を切り札として隠し持ちながら着実に相手をル攻めしていくのだ。

 

 

ここで一度「ル」で始まるポケモン8匹を見ていただきたい。以下の通りである。

 

ルージュラ

ルカリオ

・ルギア

ルクシオ

ルチャブル

ルナアーラ

ルリリ

・ルンパッパ

(「ン」で終わるポケモンは予め省いている)

 

 

これを踏まえて自分がポケモンしりとりで「ル」から始まるポケモンを考える場面を想像してほしい。どの順で思いついただろうか?

 

おそらく誰でも最初に思い付きやすいのは「ルカリオ」「ルギア」「ルンパッパ」あたり。それらも出尽くしてさらに考えるとしたら「ルージュラ」や「ルリリ」あたりではないだろうか?やはり昔からいるポケモンはそれだけ思い出しやすいものである。今までのポケモンしりとりでもそれらを思い出すプロセスを踏んだはずだからだ。

 

逆に「ルナアーラ」は伝説のポケモンだが登場が最近すぎて普段からポケモンしりとりを嗜んでいる諸君はむしろ思い付きにくいかもしれない。

 

そして最後に残りがちなのが「ルクシオ」と「ルチャブル」なのだ。この2匹を試合前から頭に入れておくだけでルに関する熟練度は跳ね上がる。そしてすでにこの記事を読んだ諸君はもうポケモンしりとりを嗜む際に「ルチャブル」を忘れることはできないだろう。

 

 

これがポケモンしりとりの必勝法である。

忙しい中この記事を最後まで読んでくれた諸君には感謝している。是非この記事を参考にポケモンしりとりを戦略的に楽しんでほしい。そしてこのルチャブルコントロールを上回る素晴らしい戦術の開発を心から願っている。

 

 

 

ポケモンしりとり研究所長 リムショット